MENU
このブログはswellでデザインしています 詳しくはこちら

【積み立て8か月目比較】オミクロン打撃!ウェルスナビは+8.1%

安土ロボ
 安土ロボです。専門はメディア関係で、経済も担当しています。
 2014年に投資・資産運用を始め、投資信託・株・FX・仮想通貨などなどで利益をあげてきました。ロボアドバイザーはウェルスナビを2018年から利用し、2年半ただ積み立てるだけで投資額の約28%程度の利益を達成!

 こんにちは、あるいはこんばんは。安土ロボです。投資一任型ロボアドバイザー5種の運用実績比較報告をしていきます!! 成績の目安として投資信託2種も報告しています。今月は8か月目です!!

今年ももう終わり!年内最後の成績はどうかな?

目次

8か月目の積み立てランキング

順位名称評価額含み損益
1位eMAXIS Slim
S&P500米国株式
258,033円+380,33
(+17.2%)
2位eMAXIS Slim
全世界株式
244,832円+24,832
(+12.1%)
3位Wealthnavi
ウェルスナビ
2,380,126円+180,126
(+8.1%)
4位らくらく投資
(がっちりコース)
7,403円+403
(+5.7%)
5位FOLIO
ROBOPRO
230,172円+10,172
(+4.6%)
6位SUSTEN
サステン
229,009円
+9,009
(+4.1%)
7位Wealthwing
ウェルスウイング
225,484円+5,484
(+2.5%)
2021/12/25時点。リンクを押すと各ロボアドの説明ページに飛びます

2021年最後のロボアドトップはウェルスナビ!!

 今月はなんといっても新型コロナウイルスのオミクロン株が見つかったことによる相場の急落がありましたね。世界中の株が大きく下げ、一定の回復を見せた後も上値が重い状況です。「いつ次の変異株が見つかってもおかしくない」といった心理が植え付けられてしまいましたね。

 また、米国FRBがインフレ抑制のために示した利上げの前倒しは市場にとっては好感をもって受け止められました。これによって米国株は回復しましたが、それに比べて他の資産も運用するロボアドは回復が遅れています。

 以上のような相場環境から、1、2位はS&P米国株 (+17.2%) と全世界株 (+12.1%) の投資信託が占めています。

 年内最後のロボアドバイザーのトップはウェルスナビで+8.1%!ウェルスナビは運用開始から安定した成績を続けており、納得の結果と言えそうです。

さすがウェルスナビは業界トップだね!!

2022年は下げ相場の年に?ロボアドの底力に期待!!

 さて、2022年の相場予測で多くの意見を総合すると「下げ相場」と言えそうです。各国の中央銀行が市場に流していた資金を引き下げる動きが予想されます。

 上げていく相場で儲けを出すのは簡単です。が、下げる方向性の中で利益を上げる(あるいは資産を守る)のは分散投資をするロボアドバイザーの実力が試される環境と言えるのではないでしょうか。各ロボアドの成績を見定めて、みなさんが投資先を選ぶ助けになるようお伝えしていきます!!

2022年もロボアドの底力を見ていこう!!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる