MENU
このブログはswellでデザインしています 詳しくはこちら

ウェルスナビfor●●の多彩な特典!長期割しない人におすすめ!

安土ロボ
 安土ロボです。専門はメディア関係で、経済も担当しています。
 2014年に投資・資産運用を始め、投資信託・株・FX・仮想通貨などなどで利益をあげてきました。ロボアドバイザーはウェルスナビを2018年から利用し、2年半ただ積み立てるだけで投資額の約28%程度の利益を達成!

 こんにちは、あるいはこんばんは。安土ロボです。国内ロボアドバイザー最大手のWealthNavi(ウェルスナビ)は、多くの金融機関や交通サービスと提携しています。「ウェルスナビfor●●」という名前で提供されるこれらのウェルスナビは、資産額に応じてマイルやポイント、手数料優遇などの特典があります。

資産運用してくれてお得な特典も!めっちゃいいじゃん!

でも、手数料の「長期割」は普通のウェルスナビだけなんだね。結局どっちがいいのかな?

 というわけで、「ウェルスナビfor●●」のさまざまな特典を紹介していきます!もしすでに契約している人は、「普通のウェルスナビ→ ウェルスナビfor● 」「 ウェルスナビfor● →普通のウェルスナビ」といった変更は原則できないので、いったん口座を解約しての手続きとなります。しっかり見定めて決めたいですね!

目次

特典いろいろウェルスナビ for●● !すでに使ってる人は乗り換えもあり!

 ウェルスナビは地方銀行なども含めドンドン提携を広げていますが、マイル・ポイントや手数料優遇があるのはこちらです!

ウェルスナビforJAL運用開始で200マイル、 資産1万円につき毎月0.5マイル
ウェルスナビforANA運用開始で300マイル、 3か月ごとに50マイル(資産100万円以上)
ウェルスナビforTOKYU POINT 運用開始で400ポイント、資産1万円につき毎月1ポイント
ウェルスナビforODAKYU 運用開始で400ポイント、資産1万円につき毎月1ポイント
ウェルスナビfor住信SBIネット銀行顧客ランクで手数料など優遇
ウェルスナビforソニー銀行 顧客ランクで手数料や還元率優遇

 それぞれのサービスを利用している人にとっては大きなメリットがあります。

 通常のウェルスナビには、運用期間に応じて手数料が安くなる「長期割」があります。多くの人にメリットがあるサービスですが、最大の割引(0.1%)になるまで2年半(200万円以上)~5年(50万円以上)必要です。また、資産の一部でも引き出すと長期割の期間がリセットされてしまい、割引が0%になってしまうのがデメリットです。

 その点「ウェルスナビfor●●」ならすぐに特典が受けられます。それぞれ解説していきますが、ザックリ言ってこれらの特典のお得度は、長期割を最大限活用した0.1%と大差ありません。なので、基本的には「すでにこれらのマイルやポイントサービスを貯めている」「資産運用の途中でお金を引き出す可能性がある」人におすすめです。

オトクになるまで何年も待つより、すぐもらえる特典のほうがうれしいかもね!

ではそれぞれのサービスを見ていきましょう。

マイルがたまる!ウェルスナビforJALとANA

 まずは運用開始や資産評価額に応じて航空マイルがたまる「ウェルスナビforJAL」「ウェルスナビforANA」です。JALは「運用開始すると200マイル」「資産評価額1万円につき毎月0.5マイル」もらえます。

ウェルスナビforJALのHPより
ウェルスナビforJALのHPより

 ANAは「運用開始すると300マイル」「四半期ごとの平均資産評価額が100万円以上の場合、四半期ごとに50マイル」となっています。

ウェルスナビforANAのHPより
ウェルスナビforANAのHPより

 ANAのほうが加入時のマイルが多いですが、100万円以上運用しないと資産評価マイルがもらえない上に、どれだけ資産が増えても年間最大200マイルです。JALのほうがたまりやすいですね。

 これらのお得度はどうなのでしょう。JALマイルもANAマイルも、1マイル=1円相当のポイントや電子マネーに交換するサービスがあります。100万円を運用した場合、1年で ウェルスナビforJAL 600マイル(600円=0.06%)、 ウェルスナビforANA 200マイル(200円=0.02%)もらえます。お金を運用してもらうだけでマイルがもらえるのはうれしいですが、還元率はそれほど高くありません。

 マイルは航空券に交換すれば、ポイントや電子マネーに交換するより数倍おトクに使えます。なので、航空券に使う場合には、「長期割」で手数料を最大0.1%安くするよりもメリットがありそうです。すでに航空券に使うマイルを貯めている人は、長期割よりも「ウェルスナビforJAL」「ウェルスナビforANA」をおすすめします!

 ちなみに、ANAマイラーの人は日本株で運用するロボアドバイザー「WealthWing(ウェルスウイング)」のほうが還元率がいいので、検討してみましょう!

東急・小田急ポイントの還元率は長期割以上!

 続いては、ポイント特典が受けられる「ウェルスナビforTOKYU POINT」「ウェルスナビforODAKYU」 です。どちらも資産1万円につき毎月1ポイント(1円相当)がもらえます。年率では0.12%となり、長期割の最大0.1%を上回ります!

ウェルスナビforTOKYUPOINTのHPより
ウェルスナビforTOKYUPOINTのHPより

 特典は東急・小田急どちらも全く同じで、運用開始ポイント400ポイントも共通です。紹介画面も使い回しっぽいですねw。ポイント発生は「毎月」ですが、実際にもらえるのは1月、4月、7月、10月の年4回です。

ウェルスナビforODAKYUのHPより
ウェルスナビforODAKYUのHPより

 東急ポイント、小田急ポイントとも使用範囲が広いサービスではないですが、ネットや系列店舗で買い物をしたりして使えます。すでにどちらかのポイントを利用している人は、迷わず選ぶべき特典です!また東急ポイントは特定の駅の券売機で「PASMO」や「スイカ」に1ポイント=1円でチャージできるので、これができる人は使い道がぐっとひろがるでしょう!

地方にも系列のデパートとかあればポイントが使えるね!

銀行系はランクアップで優遇に!

 銀行との提携は数多くありますが、「ウェルスナビfor住信SBIネット銀行」「ウェルスナビforソニー銀行」では、ランクアップによって振込手数料などの優遇が受けられます。

ウェルスナビfor住信SBIネット銀行

 ウェルスナビfor住信SBIネット銀行では、「スマプロランク」という4段階の顧客ランクのうち、上から2番目の「ランク3」の条件にロボアドバイザー資産運用残高100万円以上というものがあります。ランク3ではATMの利用手数料が月10回無料、他の金融機関あて振込手数料も10回無料となります。

ウェルスナビfor住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行のHPより

 僕が利用している楽天銀行では最高ランクでもATM無料が7回、振込手数料無料が3回です。それと比べると多いですね。ATMや振り込みをよく使う人には大きなメリットです。

 また、「運用開始で3000円プレゼント」「ボーナス期間中の入金でポイントプレゼント」などのキャンペーンもあり、これらも生かせば普通のウェルスナビの「長期割」を上回るメリットが狙えます。

ウェルスナビforソニー銀行

 ウェルスナビforソニー銀行では、「ClubS」という4段階の顧客ランクの条件である資産残高に、運用資産の評価額を合算できます。銀行口座などの残高と、運用中の資産額の合計が300万円以上でシルバーに、500万円以上でゴールドに、1000万円以上で最上位のプラチナになります。

 各ステージにはATMや振り込みの手数料無料のほか、デビット付きキャッシュカードの還元率上乗せ(最大2%)や海外ATM利用料無料など幅広い特典があります。ソニー銀行のサービスを使う人にはかなり大きなメリットがあり、 普通のウェルスナビの「長期割」 よりおおすすめです!

ソニー銀行のHPより
ソニー銀行のHPより

結論!特典を最大限に生かせる人にはアリ!運用成績やNISAはいっしょだよ!

 以上みてきたように、 「ウェルスナビfor●●」 は、それぞれのマイルやポイント、サービス特典を使っていて、その特典を最大限生かせる人にはおすすめです!そのほかの人は、普通のウェルスナビで長期割をしっかり生かすのが良いでしょう。

 ちなみに、どのウェルスナビを選んでも、資産運用そのものの成績は変わりません。NISAもすべて対応しています。特典のおトク度は年間数百円~多くて数千円にとどまります。「どう使えば特典を実感できるか」という趣味で選択をしても良いと思います。

手数料割引と同じくらいの金額なら、ポイントで買い物したほうがトクした感じになれるかもね!

 個人的には、手数料が安くなっても実感に乏しいので、比較的還元率が高い東急ポイントかJALマイルあたりを選ぼうかなと思います。特に、目標の資産額に到達して、取り崩すときには「長期割」が使えないので、ウェルスナビfor●●にしたほうがオトクですね!

まとめ

まとめ

・長期割はお得になるまで時間がかかる。 ウェルスナビfor●● ならすぐ特典を受けられる!

・「ウェルスナビforJAL」「ウェルスナビforANA」は、マイルを航空券で使う人におすすめ

「ウェルスナビforTOKYU POINT」「ウェルスナビforODAKYU」 は、長期割より還元率高い!ポイントを活用できる人に超おすすめ!

「ウェルスナビfor住信SBIネット銀行」「ウェルスナビforソニー銀行」 は、それぞれの銀行で振り込みやATMをよく使う人におすすめ!

・将来取り崩すときには長期割がなくなるので、特典付きのウェルスナビに変えるのが吉!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる